ミステリ狂の部屋

小説投稿サイト『カクヨム』で活動している長束直哉のブログです。

🎩🔎 ミステリ狂の部屋 🔍🎩

カクヨム一家言④

『一旦下書きに戻し再度公開すると?』

2016年8月30日記述

 公開している作品を、一旦下書きに戻し非公開とする。
 それを、数日後再度公開すると、その人をファローされている方の【マイページ】 の 『フォローしているユーザー』欄には、「新しい小説を公開」とその人の更新情報として表示されるのですね。(連載の一部を同じようにすると、「最新話」と表示されます)

 改稿や推敲など何らかの更新があったと見なし、そういう仕様になっている? ものと思われます。

 このことは、 フォロワーサイドの【マイページ】だけに最新の『更新情報』として表示され、本人には、そのことはわかりません。(※ この確認作業は、友人や知人のPC、タブレットなどで行ってください)

ただし、これは《《カクヨム本体》》の《《トップページ》》にある《《『新着小説』》》の欄には《《表示されません》》。

 つまり、過去に一度UPした作品を一旦非公開にし、数日たって再公開すると、当初UPした時の日付で公開されます。ですので、【マイページ】だけに表示される、ただの新着情報あつかいなのです。

 余談ですが、その時、再公開した作品の非公開時前にあった『★』、『レビュー』、『PV数』は、そのまま受け継ぎ再公開となります。

 
 なるほど――
 一旦下書きに戻し、手直しをして(手直ししなくても)もう一度公開することで、フォロワーサイドからの再読誘導効果と、未読のフォロワー様への告知効果が得られるということですか……。
 ただし限られたフォロワー様だけへの告知なので、これは既に通読された方がほとんどの状態の作品だと、たいした効果は見込めないように思われます。
 
 
 近況ノートも然りです。
 古くなって誰の目にも止まらなくなった記事を一旦すべて削除し、新たにコピペして保存しておいた内容で、もう一度公開すれば、最新の近況ノート情報としてフォロワーサイドの【マイページ】に「近況ノートの投稿」として表示されます。
 この場合、削除前にいただいていたその記事のコメントは、もちろん受け継ぐことはできません。何も無い状態です。
 まったく別のモノですから、当たり前のことです。
 もし、これを行う場合は、コメントが無い記事で試してみてください。

「そんな面倒なことしなくても、新しく、同じ記事をコピペして公開すればいいだけだろう」と仰言る方、そのとおりなのです。
 それでもいいのですが……、

 近況ノートをあまり増やしたくない。
 古い記事までなかなか読んでもらえないが、今この時点でも、その記事を読んでもらいたい。

と仰言る方にとっては、如何かな? ――との提案なのです。

 だからといって、理由も無いのに無闇矢鱈にやり過ぎると、
「なんだ以前読んだことがあるぞ」と、反対に疎まれて、
その人の作品すら読んでもらえなくなる可能性もありますから、
程々に、十分にご注意を――。

 それぞれ、まだ何か他に有効活用法がありそうですが、一度、考えてみる価値はあるかも知れませんね?

 

 


🎩🔎 NAGATSUKA BLOG 🔍🎩
Website:Twitterウィジェット