ミステリ狂の部屋

小説投稿サイト『カクヨム』で活動している長束直哉のブログです。

🎩🔎 ミステリ狂の部屋 🔍🎩

カクヨム一家言③

『【★とレビューへの謝辞】は届いていますか?』

2016年7月12日記述

 私は今まで、拙作にレビューと★をいただいた感謝とお礼を、【近況ノート】に【★とレビューへの謝辞】として記していましたが、不図、その『謝辞』が、その読者様に届いているのかどうかと不安になりました。

 前回も述べましたが、その読者様が自分のことをフォローしてくれていない限り、どんなに感謝したとしても、その読者様の【マイページ】にはこちらの情報が表示されません。

 レビューした作品の表紙ページの一番下段の左には【近況ノート】という箇所がありますが、後日もう一度その読者様が訪れ、そこを確認しクリックする可能性は思う以上に少ないのではと思われます。
 況してや、レビューへのお礼らしき内容のタイトルが表示されていなければ、無効果の範疇であろうことは容易に想像できます。

 レビューをくださったことに対する感謝の気持ちが、読者様によっては、まったく届いていなかったというだけではなく、読者様からいただいたレビューを、完全に無視する〝感じの悪い作者〟だと誤解をされていても仕方のない状態だったのでは……、その読者様は多少なりとも不快な思いをなされていたのでは……、つまり、今までの『謝辞』が届いていなかった読者様も何人かいたのでは……、と不安になったと云う次第なのです。

 見返り(暗黙の相互評価の打診)とか強要(不当な評価の要望)とかの、そういうレベルの話ではありません。
 素直に礼節や気持ちの問題なのです。

 兎も角、評価にレビューを添えることは、ハードルが高いのです。
 いろいろと制約があるし、ランキングの順位に関わりがあるのかないのか、本で云う《《帯》》の役割と同一だと捉えれば良いのかどうか、悩むところです。

 この辺の曖昧さを払拭する改善策を運営サイド様に切に願います。

 実は、このエッセイを始めたきっかけが、このことに対する解決策を模索した結果です。
 フォローされていない読者様に発信するための手段として始めたエッセイなのです。

 と云うわけですので、ここでもう一度お礼の言葉を述べておきます。


「拙作にレビューや★を投げてくださった皆さま、本当にありがとうございます。 心より感謝申し上げます」


 最後に、いただいたレビューに感謝の気持ちを述べるか述べないのかは、その作者様の考え方次第ですので、読者様方も、謝辞がないからと云って、一概に感謝の気持ちもないのかとお怒りになりませぬようにお願致します。(喜ばない作者がいるとは思えません)

 お怒りのあまり評価を削除される方もおられると思いますが、その時点のレビューは、その時の素直な気持ちであるはずなので、その行為は迚も悲しいことです。もう一度冷静に評価判断をしてみてください。
 お願い致します。


<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
カクヨム運営関係者各位 ―

 現状ではレビューいただいた読者様が、フォロワー様でない場合は、その読者様の【近況ノート】にお邪魔して、そちらで述べるしか手は無いのですが、その方の近況ノートに何も書き込んでいない場合もあり、手段がありません。
 況してや、私のように律儀で節度ある人見知り人間? が、そのように人様の近況ノートにおいそれとお邪魔することは何とも烏滸がましく躊躇われますので、そこで、もっと気軽にレビューしてくださった読者様にお礼を述べられるような機能の実装を切望致します。

 ご検討を宜しくお願い致します。
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
〈追記〉
 七月七日の【新機能・お知らせ】によると、下記(本文抜粋)の実装をご検討とのこと、同時に作者からの返信コメントが可能な実装であることを望みます。
 何れにしましても楽しみにしております。

カクヨムからのお知らせ》
>【連載作品をレビュー以外の方法で応援したい】
>【作品にレビュー以外の感想コメントを送りたい】
 こちらも当初より大変多くのご意見を頂いており、優先度の高い開発項目として検討しています。
そのため、ただいまエピソード単位で作品を評価ができるシステムやコメントを投稿できる機能などの実装を検討しています。
 大規模な改修となり検討事項も多いため、具体的な実装時期を申し上げることは現段階では難しいのですが、進捗ございましたらまたご報告させていただきます。


《運営サイトへの要望》
 作品のエピソード単位ごとに、読者からのコメント、作者からのコメントの記入欄を設け、その単位ごとに公開、非公開の選択ができる実装を早期に願います。

 

 


🎩🔎 NAGATSUKA BLOG 🔍🎩
Website:Twitterウィジェット