読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリ狂の部屋

小説投稿サイト『カクヨム』で活動している長束直哉/NAGATSUKA Naoyaのブログです。

カクヨム一家言②

『 更新情報はフォロワー様だけに!』

2016年7月11日記述

 フォローしている小説や、フォローしているユーザーの「更新情報」は、【マイページ】から見ることができます。
 まあ、Twitterと同じような仕様ですが、Twitterのように『#ハッシュタグ』をつけたり、リツイートのように自分の「更新情報」を、フォロワー以外に拡散することはできません。


「【マイページ】で確認できる『更新情報』」

  『フォローしている小説』
    ●最新話の公開

  『フォローしているユーザー』
    ●最新話の公開
    ●新しい小説を公開
    ●おすすめレビューを投稿
    ●近況ノートを投稿


 つまりこれは、フォローが『0』の人の【マイページ】には、『フォローしている小説(ユーザー)はまだありません。小説(ユーザー)をフォローすると、その小説(ユーザー)の更新情報が受け取れます。』と表示されるだけです。同じく、フォロワーが『0』の人の「更新情報」や「近況報告」は、誰の目にも止まらない一方通行発信だということになります。

 フォローすれば、その人の「更新情報」や「近況報告」を見ることができ、フォローされればその人の【マイページ】に、自分の「更新情報」や「近況報告」が表示される――。

 私は、フォロワーさんには必ずフォロバしています。
 単純に、拙作を気に入っていただけたからのフォローだと思っている(こちらが、一方的にそう解釈しているだけのことですが……)のもありますが、フォローした人が多いほど、いろんな情報を受けることができるのです。ときによっては、他の作家さんとコミュニケーションさえ可能です。

 お蔭様でたくさんのフォロワー様がいます。 
 すべて、カクヨムで得たフォロワーの皆様ですから、本当にありがたいことだと思っています。
 モチベーションのアップや継続、作品内容の向上に繋がる要素があるとさえ思っています。

 以前、フォロ爆の件で問題になりましたが、コンテスト云々のポイント稼ぎに関わらないのであれば、また、フォロワー数がランキングに関係ないのであれば、フォロバはこちらの判断で良いのでは、と思います。
 一日50人とか上限500人とかの制約が、よくわかりません。

 『小説フォロー』と『ユーザーフォロー』は、意味合いが違いますが(『小説フォロー』はランキングの加点に直結しますが、『ユーザーフォロー』は関係ないと思われますので、そこの違いを踏まえた上で慎重に!)、それをどのように活用をするのかは、人それぞれですので、個人的にとやかくは言いませんが、悪用さえしなければ、これはこれで案外楽しいものですよ。

 しかし、コメントがまったく無いというのも淋しいものですが……。

 というわけで、最近ではユーザーの「更新情報」が、私にとっては一番最初に観覧するほどの楽しみのひとつとなっているのです。

 

Website:Twitterウィジェット